2010年09月17日

オンライン申請

オンラインで登記の申請をすると、登録免許税が安くなるものがあります(すべての登記申請が対象なわけではありません)。
登記の申請だけでなく、謄本もオンライン申請システムを利用して取得すると安くなります。
例えば
・登記事項証明書(登記簿謄本) 通常 1通1000円 オンライン 1通 700円
というわけです。

但し、不動産や商業の謄本の取得でしたら電子証明書が必要ないのですが、後見登記に関する証明書を取得するには、公的個人認証等の電子証明書が必要となります。

普段は司法書士、土地家屋調査士それぞれの認証カードを利用してオンライン申請等していたのですが、今日初めて公的個人認証サービスの電子証明書を利用して後見登記の謄本を取得してみることにしました。
まず朝一番で区役所へ行き、住民基本台帳カードの取得+公的個人認証を受けてきました。そして事務所へ戻りさっそくオンライン申請を試みたのですが、何度やっても「署名の付与に失敗しました」というメッセージが出るばかり。法務省のオンライン申請サポートセンターへ問い合わせ、JAVAやオンライン申請システムの入れ直しをしたのですが改善されず…。どうやら公的個人認証サービスのクライアントソフトのバージョンが合わなかったらしく、そちらを削除し、違うバージョンをインストールし直したらようやく署名が認証されました。

今日はちょっとてこずりましたが、これで次回からは簡単に後見登記の証明書もオンラインで申請することができます。
事務所にいながらにして申請ができ、なおかつ安い。しかも、その謄本を郵送してくれるので楽ちんです。これを利用しない手はないと思います。皆さんも、もし謄本を大量に取得する機会がありましたら是非お試しください。
posted by lands-kojima at 17:11| コラム