2010年09月16日

ようやく

秋の気配でしょうか。
雨が降ってだいぶ涼しいですね。

さて、最近思うことですが。
どうして金融機関で後見の届出やら相続に関する手続やらの、通常の預け入れや引き出しではないことをしようとするとあんなに時間がかかるのでしょうか。
私は仕事として行っているので、それも仕事のうちと思っておりますが、一般の方(特にご高齢の方など)が自ら手続をしようとする場合、かなりの時間的、精神的な負担になるのではないかと思うのです。
また、金融機関によって対応の仕方も必要書類も異なるため、事前に確認や打合せをせずに行った場合には、1回では事足りず、二度手間、三度手間になってしまうこともあるでしょう。

相続などの手続で金融機関に行く方は、まず事前に電話をかけ、手続方法や必要書類等を確認することをお勧めします。
さらに来店予定日時などを伝え、予約を取ってから行くと、よりスムースに手続きができます。
ご親族がお亡くなりになると、様々な手続きが必要となり大変です。お困りの際は、司法書士や税理士などの専門家にも相談しながら手続きをしていくとよいのではないでしょうか。
posted by lands-kojima at 13:25| コラム